新技術

>> 新技術TOPに戻る

TLS(地上レーザスキャナ)



  TLS = Terrsetrial Laser Scanner

TLSの特徴

UAVLSに比べると取得できる範囲が狭いですが精密な三次元点群データが取得できます。
橋梁・トンネル・建物等の構造物の形状やICT土工・ICT舗装工等の計測・出来形管理等に最適です。


3D計測のメリットについて


1. 工期短縮・経費削減
      ・・・ 短い工程 → 結果的に人件費の削減になる


2.  高精度
      ・・・ 多彩なレジストレーション機能を掲載


3.  ファーストパルス・ラストパルス選択機能
      ・・・ 測定物の手前にある草木やフェンス等の障害物
         がある場合に有効


4. 点群マッチング
      ・・・ レーザスキャナー・UAVで取得したデータを
         精度よく合成


まずは当社までお気軽にお問い合わせください。


お問い合わせメールフォームはこちらから




レーザスキャナ活用事例

はく落防止対策工



はく落防止対策工

TLSを用いた俯角75°の出来形管理
足場仮設前にTLSで測定した点群データにはく落防止施工範囲(俯角75°)をモデリングし出来形検測に活用した。

プラント



プラント

工場施設の建て替え計画を三次元で確認できるので完成形のイメージを共有できる。
撤去数量の算出等も机上で行える。

舗装工事出来形評価(点群あり)
舗装工事出来形評価(点群あり)
ICT舗装工

TLSを活用するメリット
・被計測計測対象を短時間かつ高精度
・出来形を面的に把握し、出来形数量などを容易に算出可能
・従来の施工管理手間の大幅な削減と詳細地形・出来形形状取得が可能
・従来の巻き尺・レベルによる幅・長さ計測や高さの計測は不要

舗装工事出来形評価
舗装工事出来形評価

3Dモデリング
3Dモデリング

レジストレーションによる座標系の統合による3D点群データの生成

レジストレーション結果レポートの出力

3D点群データ処理システム

豊富なフィルタリング機能を用いてゴミ取りの実現

線形入力による縦横断成果の抽出(任意線形でも可)

連携

CADソフトウェアによる各種図面の作成

3Dトレースによる地形図の作成

縦横断成果を用いた縦横図面の作成



3次元設計データ作成

 設計図面より3Dモデルの作成

 マシンコントロールデータの出力が行えます

>> 新技術TOPに戻る